地図を


手芸

20世紀のウズベキスタン民族靴
項目: 手芸
日付: 11 12月 2015

20世紀で靴はウストと言う職人によって作られていた。靴に使う主な材料は去勢雄牛、ヤギ、羊などの革だった。革を加工し、色をつけた後、民族模様や絵で飾られた。 男性用の靴 男性の間でもっとも人気だった靴はカヴッシュと言い、ヒールが高く先が曲がった靴でした 冬には分厚いが柔らかい革から作られた長靴(ブーツ)のチョリックを履いていた。面白いことに一番人気な靴の色は黄色か茶色だった。普段市民はイチギという柔らかい靴底でハイヒール無しのブーツを履き、地元の人々はマフシと呼び、カヴッシュと一緒に履く。伝統により男性は家に入る時カヴッシュを脱ぎ、マフシで家の中を歩くことになっている。 女性用の靴 女性は皆、小型のカヴッシュを履き、茶色か黄色の革から作られた。だが、スエード革の緑色の靴が一番評価が高かった。お金持ちの人はクロメ革の“ノガイ”を履き、ヒールは高く、先が細い靴だった。 靴の後部とヒールが低く、つま先が細いザイフォーナ・カヴッシュはタシケントでもっとも有名だった。女性は裸足で外出することは禁じられ、女の子や若い女性はハイヒールのブーツ、黒のカヴッシュなどを履き、長靴の胴部は明るくきれいな刺繍がされていた。...

続きを読む