地図を


"ウズベキスタンの民族楽器 “ルバブ”" - 楽器

楽器についての情報 "ウズベキスタンの民族楽器 “ルバブ”":

アラビア起源の楽弓“ルバブ”は木製の円形凸面とレザーデッキ、4-6張の鉄やシルクの弦がある。通常 800—1000 ммの長さのこの弦楽器は、ばちで弾かれる。ウズベク民族オーケストラの楽器には3種類があり、プリマ、ヴィオラ、テノルと名のられている。

名は違うが、多くの民族で見られる楽器でもあり、中央アジアは当然、北アフリカやヨーロッパの国々でも見ることができる。




他のウズベキスタン民族楽器 :