地図を

 応用芸術と民俗博物館

応用芸術民俗博物館20世紀にヒヴァでてられたカジ・カリャン・メドレセにあるここでは1819世紀、そして20世紀の民族職人の芸術を見学することができる。また、博物館には美術品、宝石装飾品、木彫りや石彫り、陶磁器、じゅうたん製造、などの様々な家庭用品のユニークなコレクションがそろっている。

博物館の観覧品は19世紀に追加され始め、国の各地で展示された。博物館が位置するカジ・カリャン・メドレセは、サリム・アフン・ハン裁判官によって建てられた。特に派手でも美しくもないこの建物は、様々な分野を教える学校としても活躍した。

博物館の展示品だけではなく、建物自体が観覧品といえるため、多くの人が歴史を知るため、感じてみるために、この博物館を訪れる。

ウズベキスタンの都市に他の観光スポット