地図を

 チェホブ名称のサマルカンド劇場

20世紀の終わりに建てられたといわれているチェホブ名称のサマルカンド劇場は、1876年を始めロシアのクラッシクが演劇された。

1925年劇場はウズベキスタン国立劇場になり、古典的な演劇だけではなく、同時代のソ連・外国著者の作品が演劇された。

1959年にはモスクワ、レニングラード、タシケントなどの都市から若い演劇大学の卒業者が劇場キャストに加わった。

1978214日に劇場名が「チェホブ名称のサマルカンド劇場」となった。現在この二階建ての建物は面積425km342席があり、主に中央アジアとロシアで客演している。

演劇は大人だけではなく、若者の間でも人気がある。


ウズベキスタンの都市に他の観光スポット