地図を

 天文学博物館

20091216日、中央アジア初の天文学博物館はアミル・ティムールの孫のウルグベクの615歳記念日にオープンした。

博物館のセクションのひとつには有名な英語マスター、ジェームズ·ショートの望遠鏡の珍品があり、アイザック·ニュートンによって発明された。ユニークな展覧品の一つは八分円で、機械学者のハドリーによって設計された。また、アンティーク愛好家のため、18世紀の時計職人ハリソンの発明品、マリン・クロノメーターも見学できる。

展覧品の中には有名な天文学者の肖像画、惑星や星の写真など、現在のウズベク天文学の資料などもそろっている。


ウズベキスタンの都市に他の観光スポット