地図を

 ウズベキスタン工芸博物館

1937年にオープンした工芸博物館は、現在4000点以上の展覧品があり、博物館の建物自体が最大の美しさを持つ展示品として考えられる。ウズベキスタン各地の職人によって彫刻された建築装飾は、伝統的な建築工芸のレベルを観覧させる。

1907年にロシア公使の私邸として建てられたこの建物は、1941,1961,1970年に修復され、1930年までには孤児印、教育センターなどのため使われていた。

 13部屋に広がる19世紀の伝統的な建築工芸、壁が装飾鉤刺しの刑で装飾された中央部屋、それ以外の手芸品やさまざまな展示品が楽しめる。

ウズベキスタンの都市に他の観光スポット