地図を

 抑圧犠牲者の博物館

平成12年に開場した抑圧犠牲者の複合記念物はタシケントのテレビ塔前の、とてもきれいな場所にあり、そこには博物館が2館、公園とロタンダがる。ロタンダとはトルコ石の色の円屋根と8の柱のある円形の建物だ。ロタンダには抑圧犠牲者の記念石があり、「母国のため亡くなった者は永遠に生きる」と刻んである。

抑圧犠牲者の博物館は8312002年に開催された。ウズベキスタンの伝統的なスタイルで飾られたこの博物館は、タシケントの職人で彫刻された。主な展覧品はさまざまな資料と写真などだ。

ウズベキスタンの独立20周年の記念に抑圧犠牲者の博物館と同様の博物館だ建てられることになった。現在、複合記念物にはツイン博物館があり、観光客や結婚式の写真撮影に人気名場所だ。

この博物館は、帝政ロシア時代とソ連時代の政策により抑圧された人々の記念に建てられた中央アジアで唯一の博物館だ。

ウズベキスタンの都市に他の観光スポット