地図を

 サマルカンド市の歴史(アフラシァブ)博物館

музей истории самаркандаサマルカンドの北方、中央バザールの近くで、アフラシャブ古代都市の丘の麓に位置するこの博物館は、サマルカンドの歴史を語ってくれる。

かつてサマルカンドの中心にあったアフラシャブは13世紀にモンゴル人に破壊された。博物館の展覧品はアレクサンドロス大王の支配をはじめ、サマルカンドの歴史を詳しく見せてくれる。

なかでも最大の見ものは、78世紀のイフシュド一族の宮殿で発見されたフレスコの壁画。その他、アフラシアブで発見された異なる時代の様々な小道具、剣、ナイフ、矢、コイン、陶磁器品の欠けらなども見学することができる。

考古学者がアフラシアブの発掘を始めたのは19世紀の後半で、いまだに作業は続いている。

ウズベキスタンの都市に他の観光スポット